電子定款とはどんなものを言うのか

日本ではサラリーマンと呼ばれている給与所得者が多くいますが、その中にはいつか自分で会社を設立して起業したいという考えを持っている人がいます。

しかし会社を設立するにはただ本人の意思と資金さえあれば起業できるわけではなく、法務局に登記申請しなければ会社としての運営が開始できません。その登記申請には会社の基本理念や規則を定めた定款を作成してそれを公証役場で認証してもらわなければ登記申請ができないので、まずは定款を作るのが会社設立の第一歩になっています。この定款ですが以前までは紙を使った書式のものしかありませんでしたが、現在は法律が改正されてデータを記録媒体に入力した電子定款でもよくなっています。

この電子定款のメリットはデータを転送すればどんな場面でも確認ができますし、記録用メディアに記録しておけば多くの人が共有することができます。しかも紙を使った場合には収入印紙代で4万円が必要でしたが、電子定款は公証役場に提出するのがCDロムでいいので収入印紙は必要なくなっています。また訂正しなければいけない場合でもパソコンなどを使って入力し直せばいいだけなので、手間と時間が紙による様式と比較すると格段にはやくすることが可能です。

現在は紙の方式でも電子定款でもどちらで作成してもいいのですが、インターネットの普及を考えれば移動に不便な紙によるものよりも電子定款が便利なのは圧倒的なので、これからの主流になると言っても過言ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *