電子定款のメリットとは

電子定款はこれまでの定款と違って、PDFファイル形式で保存したものにあたります。

紙の定款と実質的にはそれほどの違いがあるわけではなく、会社の商号、本店の所在地、出資者の住所および氏名といった、法律でかならず記載しなければならないとされている事項はそのままです。そうはいっても記名捺印はできませんので、それに代わるものとして電子署名を利用します。このような電子定款を作成するにあたっては、PDFソフトやICカードリーダーなどのソフトや電子機器を導入しなければならないなど、いくつか手間がかかる部分もありますが、当然ながら手間をかけても余りあるメリットがあることも確かです。

特に大きなメリットとして挙げられるのが、会社設立にあたってのコストを節約できることです。会社設立のためには定款の認証や登記の際の登録免許税の支払いなど、さまざまなコストがかかります。このなかでも削減が可能な部分は実はほとんどないのですが、唯一可能なのが定款に貼る収入印紙代です。電子定款は紙の文書ではないので収入印紙を貼る必要がなく、これだけでも4万円ほどの節約という効果が期待できます。

もしもPDFソフトなどが仕事用のパソコンにすでにインストールされていれば、それを使った電子定款の作成ができますので、たいへん効率的です。インストールされていない場合は、新しく購入すると費用がかかりますので、たとえば行政書士などに電子定款作成の部分だけは代行してもらうといった方法が考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *