電子定款の利点について

電子定款とは定款を電子的に作成するものですが、この利点は取り扱いの利便性もさることながら費用的に安く済む可能性があるということに尽きます。

電子定款を作成しないとすると紙の定款ということになるわけですが、これには収入印紙を貼付することが求められています。契約書などと同じく、所定の収入印紙を貼付していない紙の定款は認められません。この印紙代が結構馬鹿にならない金額で、規定では4万円となっています。たかが紙切れ1枚に4万円もの印紙を貼らないといけないとは納得いかない人もいるかもしれませんが、これは決まりですから致し方ありません。ところが、同じ定款であっても電子定款の場合は収入印紙を貼付する必要がありません。

電子なのですから物理的に貼ることができないという意味だけではなく、規定の上でも電子の場合は不要とされているためです。ただし、別に収入印紙に代わるものとして求められているわけでは決してなく、意味合いとしては別物であるものの、電子定款を作成するためにはそのためのソフトウェアが必要になり、実勢価格として印紙代と同じくらいの値段がすることもあります。

このソフトウェアはあまり一般的ではありませんから、既に持っているとか利用しているという人は少ないでしょう。ただ、購入することが必須ではありません。既に持っている人に使わせてもらうということでも問題ないからです。定款作成を代行しているような会社であればこのソフトウェアを使わせてもらうことも可能でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *