電子定款作成の依頼先

電子定款は従来は紙ベースだった定款をデジタルの文書として置き換えたものにあたります。

PDFファイルの形式となりますのでプラットフォームを問わず後から閲覧することが可能ですし、そのほかにも電子定款ならではのメリットがあります。最大のものとしては会社設立にあたっての費用が削減できることが挙げられます。紙ベースの文書では収入印紙を貼る必要があったものの、電子定款は紙ではないので収入印紙を貼らなくて済み、その分だけ割安になります。

このようなメリットを享受するために電子定款を個人で作成する場合、まずはマイナンバーカード、ICカードリーダー、PDF編集ソフトなどといった準備をしておくことが必要です。所得税の電子申告などの理由からこれらの装置などをすでに持っている場合は比較的スムーズですが、そうではない場合には最初に購入しなければならず、せっかく収入印紙の代金が節約できたとしても、計算するとかえって高くついてしまうこともあります。そこで電子定款の作成の業務だけは外部に依頼してしまうこともよく行われる方法です。

その際の依頼先ですが、行政書士や司法書士などの国家資格を持つ人が在籍している事務所で取り扱っていることがほとんどです。必要な装置などが事務所にある場合には、ホームページなどで会社設立の代行サービスを行っている旨が書かれていたりもしますので、そうした情報を頼りにして問い合わせをしてみるのがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *