電子定款における電子署名

株式会社を設立するための手続きについては会社法と呼ばれる法律のなかに規定があります。

ここでは株式会社の設立にあたって、その商号や目的、出資者などのさまざまな事項を記載した定款を作成して、その定款に出資者が署名または記名押印をしなければならないこととされています。定款は紙に印刷したものというのが一般的ですが、現在では電子定款という方式も認められています。これは同じ会社法のなかに、定款は電磁的記録をもって作成することができる旨が定められていることが根拠となります。

電磁的記録はコンピューターで処理することを前提とした電子的なデータのことで、人の目では直接確認できないようなものを指しています。この場合、署名または記名押印に代わるものとして法務省令で定める措置をとらなければならず、その具体的な方法として電子署名が挙げられます。電子定款に付与する電子署名は、マイナンバーカードとそのなかに入っている電子証明書を読み取るためのICカードリーダーがあれば可能です。カードそのものとあらかじめ設定していたパスワードをもとにして本人であることを確認し、あとは機械が自動的に肉筆の署名の代用としての電子署名を電子定款に書き加えます。

マイナンバーカードは運転免許証などの身分証明書の代わりとしても使えますので、別に会社設立に限らず普段から携帯していてもよいアイテムです。新規でマイナンバーカードを申請すると受け取りまで日数がかかりますので、早めに取得しておくのが得策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *