「電子定款」の作成方法

定款とは会社設立をする場合に必要な書類のひとつで、会社の経営・運営などの目的や基本的な決まりを記したものです。

会社の基本的な規則になるので会社設立の手続きでは必ず提出しなければなりません。従来は定款は紙で提出しなければなりませんでしたが、PDF化してデータでの提出も可能となりました。このPDFデータで作った定款のことを電子定款と呼びます。定款は認証を受ける必要があり、電子定款でもそれは変わりません。

代表者が作ったものであると証明するためには電子証明書等が必要となります。以前は住民基本台帳カードが使用されていましたが、制度変更によりマイナンバーカードを利用する必要性がありますのであらかじめ用意しておきましょう。マイナンバーカードには「電子証明書」が標準で搭載されていますが、利用には手続きが必要です。マイナンバーカードと印鑑をもって住所のある自治体に申請を行ってください。

手続きにかかる費用は無料となっています。マイナンバーカードを読み込むためにはICカードリーダライター必要です。ICカードリーダライターはものによってはマイナンバーカードに対応していないこともあるので注意しましょう。電子定款を作る工程は紙の場合とあまり変わりません。

かならず記載しなければいけない「絶対的記載事項」や定款に記載することで効力を発揮する「相対的記載事項」などを記載してルールにのっとって作成しましょう。定款の中身ができたらミスがないか確認し、電子署名を入れるために必要なソフトや電子証明書を利用するためのソフトを使って電子化すれば完成です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *