電子定款を使う効用とは

会社を設立するにあたって必要なものはいろいろありますが、そのなかでも特に重要なのは定款と呼ばれる書類です。

定款には会社の商号や本店の所在地をはじめとして、会社の基本となる情報が網羅されていますが、記載しなければならない事項は法律で規定されていることから、間違いがないようにしておくこともたいせつです。定款はこれまでは紙で作成した文書しか認められていませんでしたが、法改正によって現在では電子定款という方式も認められています。この電子定款というのは電子的なファイル、具体的にいえばオフィスなどでも目にする機会が多いPDFに置き換えたものです。

このような電子定款であれば、印紙税法に期待する印紙税がかかりませんので、これだけでも4万円ほどの節税になります。これが電子定款を作成する上での最大のメリットといえ、たとえば司法書士などに依頼して定款の作成と登記所への提出を代行したもらったとしても、節約した費用をもって充てれば実質的に代行料金はかからないのといっしょです。

デメリットがあるとすれば、紙の文書のような書類捺印はできませんので、その代わりとして電子署名を加える必要があることです。この電子署名をするためには、マイナンバーカードやICカードライターなどの装置が必要となってきます。マイナンバーカードの取得はそれほど費用はかからないものの、交付までの時間が長いほか、カードライターのほうは機種によってはそれなりの価格になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *