会社設立に用意しなければいけない電子定款

会社設立するにあたって定款という書類が要ります。

紙ではなくCD-Rなどの定款も認められるようになりました。この電子定款であれば収入印紙代がかかりません。紙の定款の収入印紙は4万円です。電子定款の認証はウェブ上でできると思うかもしれませんが、認証は公証人役場で行われます。認証を受けるにあたって必要な媒体が紙ではなくCD-Rでも構わなくなったということです。作った定款をPDFにして電子証明書で電子署名をしてください。

それをウェブ上の申請システムにアップロードしてから、公証人役場に行きましょう。CD-Rは文書として扱われないので非課税つまり収入印紙代がかからないということです。電子定款を作る際、電子証明書や必要なソフトの購入費がかかります。作成を自分で行わず行政書士に頼めばソフトの購入費はかかりません。また、購入など面倒な作業をせずに済みます。

自分で電子定款を作る場合、住民基本台帳カードを役所で取る、パソコンに繋ぐICカードリーダーを買う、PDFにするためのソフトを買ったり電子署名をするためのソフトをインストールしたりしなければいけませんし、申請システムに登録する必要もあります。ソフトの設定もしなければいけません。会社設立時に用意する電子定款の作成を行政書士など専門家に頼みたいという場合、その電話やホームページのフォームで申し込んでみましょう。担当スタッフに聞けば疑問や不安にも応えてくれます、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *