電子定款を個人で作成

会社設立のためには定款の作成が必須です。

定款には会社の所在地や目的、発起人の住所氏名などの法律に定められている必要事項を盛り込みますが、これがこれからつくろうとしている会社の原理原則にあたるものです。この定款はかつては紙で作成されるのが当然でしたが、最近はそうではなく、電子定款の形式で作成されることも多くなっています。電子定款も紙の定款と内容に大きな違いがあるわけではありませんが、パソコンで編集したあとに、紙ではなくPDFファイルのままで保存すればよいものです。

この電子定款を発起人が個人で作成することができるのかどうかですが、結論からいえば可能です。もちろん定款に盛り込む記載事項などの決まりごとを知っていることは条件です。実はそのほかにも物理的な意味で準備をしておかなければならないことがあります。たとえばPDFファイルの作成には専用のソフトが必要ですので、あらかじめ購入してパソコンにインストールしておきます。

電子定款には電子署名を加えて本人の証明としなければなりませんので、電子証明書付きの個人番号カード、電子証明書を読み取るICカードリーダーも必要です。個人番号カードに電子証明書を付けるためには市町村役場に出向かなければなりませんし、所定の手数料もかかります。それよりもICカードリーダーとソフトのほうの購入費用が特にに大きいため、金銭的な負担になることがあります。そのためすべて個人でしようとせず、機器やソフトを持っている行政書士などの事務所に作成を依頼してしまったほうが安上がりなこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *