司法書士による電子定款作成の代行

合同会社や株式会社などの法人をこれから設立するのであれば、まずは定款を作成することが必要となってきます。

この定款は会社の目的や商号、本店の所在地などの重要な事項をまとめた文書であって、最後に発起人全員が記名押印するか、または署名をすることとされています。定款といえばかつては紙以外で作成することは考えられませんでしたが、現在では電子定款といって、紙ではなく電子ファイルの形式で作成したものも法的に認められています。特に電子定款には収入証紙を貼る必要がないため、印紙税の節約になるとして人気です。

ところが電子定款を作成する場合には、紙に署名するかわりに電子署名が必要となることから、ICカードリーダーなどの一連の機器などは購入しておくことになります。これに加えて内容的に最低限記載しなければならない事項があるなど、法律の規定への十分な理解がなければ難しい部分もありますので、最初から電子定款の作成を専門家に依頼して代行してもらうこともひとつの手段です。

この場合には司法書士の資格を持っている人に依頼すると、電子定款の作成そのものだけではなく、これに続く登記関連の書類の作成や、法務局への申請書一式の提出といった、法人設立登記の全般にわたる作業までを代行してもらうことができます。こうしたサービスの利用により、わずかな報酬を支払うだけで、設立に際しての手間がかからなくなりますので、本来の業務に集中することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *