電子定款を使ったコスト削減

合同会社や株式会社を設立しようとするのであれば、その会社の設立の目的や名称、所在地、発起人の住所氏名、決算公告の方法なとどいった事項をまとめた定款を作成しておかなければなりません。

定款は紙に印刷した書面として制作するのが普通ですが、現在では電子定款という方法があります。この電子定款というのは紙の定款に書くべき内容を電磁的記録としたものであって、紙の定款とは法律上は同じ効果を持ちます。以前はすべてが紙の定款でしたが、コンピューターの普及という状況を踏まえて法律が改正され、このような方式も認められるようになったものです。

電子定款は今では当たり前のように利用されていますが、これは電子定款にはそれだけのメリットがあることが理由になっています。その大きなものはコスト面でのメリットですが、紙の定款には収入印紙を貼付しなければならないところ、電子定款であれば不要という点が挙げられます。定款に貼付すべき収入印紙の額面は4万円ですので、その金額がすべて不要となれば、かなりのコスト削減につながります。

ただしこれには多少注意しなければならない点もあり、それはパソコンのPDF作成用ソフト、マイナンバーカード、ICカードリーダーといったものを事前に準備しなければならないことです。これらの購入にもコストは当然かかりますので、たとえば必要な装置などを持っている行政書士のような専門家に作成を依頼して、購入費用は節約するという方法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *