電子定款と普通の定款の違い

会社を設立しようとする場合には、株式会社あるいは合同会社のいずれであったにしても、定款を作成しなければならないことになっています。

合同会社と株式会社とでは認証が必要かどうかといった違いはありますが、いずれにしても作成をする上では一定のルールにしたがわなければなりません。このような定款作成に際しては、近年では電子定款の方式を利用することも多くなっています。電子定款も基本的には普通の紙でできた定款と内容だけを見ればほとんど変わりはありません。定款のなかには事業の目的、会社の商号や所在地などといった、かならず記載すべき項目が設けられています。

このため必須の事項には注意しなければなりませんが、そのほかに署名の方式に違いがあります。電子定款は紙とは違いますので、発起人がみずから署名したりする代わりに、電子署名をデジタルな文書のなかに付け加えます。この電子署名をするには電子証明書がプラスされたマイナンバーカードとカードリーダーなどの事前準備が必要です。

文書そのものも電子署名に対応できるソフトで作成しなければなりませんので、有償のPDF作成ソフトを利用するのが一般的です。これらに加えて電子定款のほうが作成にあたっての費用が少ないことも違いとして挙げられます。普通の定款は印紙税法の課税文書にあたるため、収入印紙を貼る必要があります。ところが電子定款であればそもそも物理的に収入印紙が貼れませんので、印紙代の部分の節約となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *