電子定款で印紙代が不要に

電子定款というのはこれまでにあった紙の文書としての定款に代わるものとして法律上に位置づけられた電子ファイル形式の文書のことを指しています。

会社法では会社を設立する際に作成する定款には会社の商号や所在地、発起人の住所や氏名などのさまざまな事項を記載することとされています。このような事項を記載すること自体は電子定款でもこれまでの紙の定款であっても別に変わりがあるわけではありません。しかし電子定款の場合には本来は必要になるはずだって収入印紙代がかからないというメリットがあります。

もともと定款というのは印紙税法に規定される課税文書の一種ですので、印紙税として4万円を支払う必要がありました。ところが電子ファイルの文書というのは結局は実体をもたない電磁的記録に過ぎませんので、内容的には同じだからとはいっても、印紙税を支払う必要はありませんし、そもそも物理的に収入印紙を貼り付けることもできません。

このような理由から、会社設立のためのコストを可能な限り節約するための方法として、電子定款が採用されることが多くなっています。ただしここで注意しておきたいのは、電子定款には電子署名を付け加えて本人の証明としなければなりませんので、電子署名に対応した機器などをあらかじめ用意しておかなければならないことです。少なくとも電子証明書が表面のICチップにインストールされている個人番号カードや、個人番号カードに対応した型式のICカードリーダーなどは必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *