会社設立に必要な電子定款の特徴について

電子定款というのは、会社設立時に必須とされる定款を電子的に作成したものです。

紙ベースの定款とした場合、そこには収入印紙を貼る必要があり、その印紙代がかかります。ですが電子定款とした場合にはこの収入印紙の貼付が免除されていますので、いわば印紙代を節約することができるわけです。となると、誰も紙ベースで定款を作る人などいなくなって、全員が電子定款にするのではないかと思われるかもしれませんが、話はさほど単純なものではありません。

というのも、電子で作成するには電子なりの要件というか、条件が必要とされるからで、紙ベースでの定款のときには必要なかった条件も求められることになるからです。最も大きなものは電子署名です。紙の定款には印鑑を押すことが求められるでしょうが、いわばその電子版ということになります。この電子署名というのはほとんどの人が聞きなれない言葉でしょうし、実際に使ったことがある人となるとさらに少数派でしょう。

そして、この電子署名機能が使えるようなアプリケーションとなるとさらに限定されています。既にそのようなアプリケーションを持っている人であればともかく、新たに購入するとなると結局は印紙代に匹敵するくらいの費用はかかってしまうかもしれません。もっとも、そのようなアプリケーションを購入することが必須というわけでは決してありません。定款作成を代行してくれるような専門家であれば既に持っているケースも多いでしょうから、使わせてもらうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *