電子定款で収入印紙代が削減できる

電子定款はPDFファイルで定款申請を行うことで、収入印紙代が不要になるためこの費用を削減出来ます。

ただ、作成や認証手続きには時間やその費用がかかります。ただ、必要な機器やPDF変換ソフトがない場合でも、電子認証だけ司法書士や行政書士に依頼すると費用の一部は抑えられます。定款は会社の目的や業務執行、組織などの基本規則を記したもので、これに記されているかで法的な効力がかなり違う内容も含まれてます。会社の設立手続きでは必ず作成と認証されなければいけません。以前は書面だけでしたが、最近はPDF化された電子定款も認められてます。

電子定款のメリットは紙の作成で必用な印紙代がかからないことで、数万円かかるので経費節約になります。電子で作る前に定款の内容を作成する必要があり、Wordなどで作ってから行います。注意点として電子で認証申請をすると訂正や再申請に手間がかかることです。株式会社の設立では約5万円の申請料を再度支払うことになるかもしれませんので、訂正がないように十分に確認しておくことが重要です。

安心なのは定款作成した後に、一度公証役場や法務局に確認してもらうことです。プロに先にチェックしてもらえば間違っていても直ぐに訂正が出来ます。確認してもらうには事前に会社設立の定款チェックの依頼を電話などで依頼します。電子で作成するときは機材やソフトも必要です。

ICカードリーダライタや住基カード、電子証明書ですが、住基カードが無い場合は新たにマイナンバーカードを作成する必要があります。AdobeAcrobatのソフトや、カードリーダライターなどの機器を買うと、印紙代ぐらいかかることもあります。電子化するときはこれらの機材を元々持っている時がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *