電子定款を個人が独自で利用した場合の費用

会社設立に必ず必要なのが定款です。

定款は会社を設立した目的やそれに関わった人物を記したもので、会社の憲法とも呼ばれるものになります。どのような会社であっても必ずこの定款が定められており、定款の存在が会社の存在といっても良いものです。定款を作成するためには、公証役場で定款の認証を行う必要があります。認証は作成された定款が公の機関が証明するもので、印鑑であれば印鑑登録をして実印とするようなものです。これによって法的な保証を受けることができます。

定款の作成は紙に書くことでも可能です。現代ではプリンターを使って作られますが、手書きでも問題ありません。このような紙に作る定款のほか電子定款と呼ばれるものもあります。電子定款はパソコンなどで作成された電子データを紙に変わって定款として認証するものです。紙の定款とは異なり、印紙代が不要で電子定款は4万円程度の費用を削減することができます。

ただし、電子定款を利用するためにはさまざまな機材と手続きが必要です。必須なのはデータを作成するパソコンとPDFファイルを作成できるソフトウェア、またPDFファイルには電子署名が必要になります。電子署名に必要なのがICカードリーダライターと本人を証明する住基カード、それに電子署名に必要な電子証明の取得などが必要です。

一から揃える場合にはパソコンは5万円程度のもので十分で、ICカードリーダライタは3千円程度、PDFファイルを作成するソフトウェアは、フリーソフトがありますので無料ですが、住基カードと電子証明書は各500円で、最低でも6万円から7万円は必要になります。ただ定款は間違っていると修正にも費用が発生しますので、専門家に依頼した方がスムーズに定款を作ることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *