電子定款で本当に節約出来るのか

電子定款を簡単に作成出来て費用もかからないのなら、紙面でかかる印紙代を節約出来ます。

ただ、指定の電子データにするためのソフトは有料で、面倒な処理が必要なため誰でも簡単に費用をかけないで作るのは難しいです。電子定款を作成するには、先にワープロソフトで定款を作成しておきます。電子化するときも作成した内容が法律的に問題がないか事前に公証役場や法務局で確認してもらいます。問題がない時は作成したデータをPDFデータに変換しますが、この時に署名挿入機能が付いているPDFへの変換ソフトが必要になります。

これは有料で約35、000円します。また、電子証明書の取得で必用な住基カードを役所に申請しますが、手数料として500円ほどかかります。電子でも電子署名が必要で、これは電子証明書を居住地の市町村で取得しますが、こちらも手数料が必要です。電子証明書は住基カードのICチップに保存されていて、読み込みにはICカードリーダライタが必要でこれは2、000円から6、000円程度かかります。

読み出した内容をPDFデータに付け加えるために必要なソフトは、法務省のホームページから無料でダウンロードできます。これでやっと作成完了です。慣れないとかなり面倒な作業ですし、使う可能性が低い高額なソフトや機器も購入しなければなりません。また、これで終わりではなくてこれまでの作業を行って作成した電子定款が正しいことを、公的機関で証明を受けます。これは法務省オンライン申請システムにユーザー登録します。全ての手続きが完了したら公証役場から定款を受取、設立登記を行って全て終わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *